1. ホーム
  2. 当院について

本院の特徴

熟練医師と最新機材によるカメラ検査

胃がん・大腸がんは日本人のかかるがんの中では一番多いがんです。

しかし,カメラで検査をすれば,直接見たり,細胞検査をしやすいところなので,早期発見されれば,一番「直るがん」でもあります。

唐沢病院ではカメラ検査の専門病院として,胃がん,大腸がんで苦しむ方を一人でも少なくすることを目標とし,そのために「いかに楽に検査できるか」ということを重要視し,最新のカメラ機材を用意しております。

カメラ機材導入履歴

平成15年1月18日 オリンパス社の「EVIS LUCERA SPECTRUM(イーヴィスルセラ スペクトラム)」を用意いたしました。
見えにくい微細な病変を、光の力でわかりやすく照らしだすシステムで、ハイビジョン画質による通常光観察に加え、粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様を強調表示する「狭帯域光観察(NBI)」、腫瘍性病変と正常粘膜を異なる色調で強調表示する「蛍光観察(AFI)」、粘膜深部の血管や血流情報を強調表示する「赤外光観察(IRI)」の3つの特殊光観察機能を搭載しています。
製品情報のリンク
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2006a/nr060515evisj.cfm
平成19年5月1日 オリンパス社の経鼻内視鏡を用意致しました。
経鼻内視鏡は従来の内視鏡に比べて苦痛が少なく、画面を見て会話しながら検査できるという特徴があります。
経鼻内視鏡についてのリンク
http://www.onaka-kenko.com/column/col_07.html
製品情報のリンク
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2006b/nr061010evisj.cfm
平成24年12月27日 

オリンパス社の「EVIS LUCERA ELITE(イーヴィス ルセラ エリート)」 を用意いたしました。

北海道内で、どこよりも早く導入致しました。
本システムは「EVIS LUCERA」から約10年ぶりに導入される国内向けシステムで、従来のハイビジョン画質を大幅に上回る高精細画像を実現するとともに、国内向け製品初となる2段階フォーカス切り替えの機能が搭載されます。がんなどの微細病変の早期発見に貢献する狭帯域光観察(NBI)も進化させ、観察性能が一段と向上しました。 

 製品情報のリンク
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2012b/nr121002luceraj.cfm  
 

来院当日にカメラ検査を受けることができます。

大腸・胃の検査を楽に受けるためには,医師のテクニックとともに,リラックスすることがとても大切です。
緊張感,恐怖感の強い方には,ごく少量の鎮痛剤を投与すると とても楽に検査を受けることができます。

当院では,朝ご飯を食べないで来院された方は, その日に胃カメラ検査を受けることができ,その方に応じた麻酔をしています。

アクセスマップ


大きな地図で見る 医療法人 唐沢病院
〒070-0034
北海道旭川市4条通9丁目左8号
【TEL】(0166) 23 - 3165
【FAX】(0166) 22 - 2702

 

駐車場のご案内

携帯サイト

携帯サイトはこちらQRコード対応の携帯電話でこのQRコードを撮影すると携帯サイトにアクセスする事ができます。